コンゴトモヨロシク♪

ややこしくて面倒くさい日々の記録

はてなブログのタイトル画像を替えました

データサイズと画質のバランスが良いタイトル画像を作って置き換えた。

フルHDの解像度を持つスマートフォンが普通になった今、横サイズが1500ドットくらいの画像を用意しておかないと対応できない。画像の大きさに比例して読み込みが遅くなるので、圧縮率と画質を細かく調整して高いレベルで妥協w

Adobe PhotoShop CS6で一通りの編集を済ませてから、ドット単位の範囲選択などの細かい作業をpaint.netで行うといった、ソフトウェアの得意不得意を意識した使い分けをしている。Macも持っているけれど、泥臭い作業をする場合はWindowsの方が都合がいい。

  1. ストックフォトサイトで素材データを買う
  2. 画像編集
  3. データ変換

上記の順番で作業。近年、ストックフォトサイトでデータを買うことに抵抗がなくなり、Google画像検索で時間を無駄に浪費するくらいなら、購入した方が権利関係もクリアできるし気楽でいい。金持ち喧嘩せずw

画像編集は前述のとおり、Adobe製品とpaint.netで編集。売り切りライセンスのAdobe製品は日本で買わず、Amazon.comで買う方が安い。Adobe税は日本とアメリカのどちらに納税した方が安上がりだろうか?paint.netは本家サイトか、窓の杜でダウンロード。

paint.NET本家
https://www.getpaint.net/

PhotoShopでのデータ変換は可もなく不可もなく無難だが、圧縮効率を突き詰めていくとPhotoShopでは力不足。インターネット回線が細かった時代に生まれたソフトウェアの出番。

GIF画像やPNG画像は無劣化かつ減色なしで圧縮できる「PngOptimizer」で、JPEG画像は開発終了した海外シェアウェア「xat.com Image Optimizer」で圧縮している。

【魚拓(閲覧注意)】

前者のPngOptimizerを使う日本人は多いと思うが、後者のImage Optimizerを使う日本人は見かけない。レジスト料金が49ドルと高かった事が敬遠された理由かも。

  • フルカラーPNGはキレイだけど重すぎ
  • 256色減色したGIFはディザ処理でザラザラして粗い
  • JPEGは圧縮率を上げるとブロックノイズが目立つし粗い

上記を試してJPEGに落ち着いた。Image Optimizerで1%単位で圧縮率を調整して、高効率圧縮をかけて、ブロックノイズの出方を妥協の範疇に落ち着かせて現在に至る。趣味のブログは気楽で楽しい。