コンゴトモヨロシク♪

ややこしくて面倒くさい日々の記録

【MNP】携帯電話番号ポータビリティーを真面目に検討

iPhone5Sの2年縛り2周目(4年)が2018年1月で終わり、2018年2月は2年縛りの解約金(9500円税別)を取られない乗り換えチャンス。

携帯端末自体はApple StoreSIMフリー版のiPhone8 Plusを購入済み。海外でトラベラーズ用のSIMカードを購入して使うので。iPhoneは対応している周波数帯(BAND)が充実していて良い。Android端末は端末ごとに対応している周波数帯がまちまちなので、同じ端末でキャリアを乗り換えたり、海外で使おうとすると最悪圏外祭りに陥るので華麗にスルー。国内キャリア固定で海外へ行かない人には関係ない話かw

昼間の時間帯に通信速度が遅くなるMVNOの実情が明らかになり、何も考えずに日本の3大キャリアを使っていた人が同じノリでMVNOを使うのは快適性の面で難しい。かといって、通話し放題やらデータ通信やらを積み上げていくと1万円近くかかる日本の3大キャリアを使い続けていくのは、お金の使い方として無駄が多い。

ということで、俺的優先順位を付けて乗り換え先を考えてみたが、結論は以下の二者択一。

  1. 日本の3大キャリアのセカンドキャリアに乗り換え(Y!mobile(ワイモバイル))
  2. サービスが充実しているMVNOに乗り換え(LINEモバイル

ワイモバイルのスマホプランM(パケット6GB+10分通話無料)と、LINEモバイルのコミュニケーションフリープラン(パケット5GB)+10分電話かけ放題の金額がほぼ同価格帯(3000~4000円)。2年縛りがあるけれどソフトバンクの回線が使えて速いワイモバイル、カウントフリーの恩恵を享受できてLINEの年齢認証を通せるけれどMVNO回線の品質に不安があるLINEモバイル、といったところか。

自分の中では結論が出ていたりする。チャレンジャー体質(笑)なのでLINEモバイルMNPして1年間使ってみて問題なければそのまま。不都合を感じたならばそれらをネタにしてblogを書きつつ、頃合いを見てワイモバイルへMNPする感じ。

どちらにせよ、2年縛りが終わる2018年2月が待ち遠しい。