コンゴトモヨロシク♪

ややこしくて面倒くさい日々の記録

LINEモバイルにMNPした1ヶ月後の感想(2018年3月版)

f:id:miyazawayossy:20180228220240p:plain:w512:h269

LINEモバイルを1ヶ月使ってみての感想。結論から書くと、通話時間を無制限→10分以内に短くしたり、電話着信折り返しの面倒くささを容認できれば、月額の通信費が大幅に(税別8000円→3100円)下がる。毎月約5000円、年額で6万円以上の通信費を減らせるのはデカい。…契約月の明細書を晒してみる。

f:id:miyazawayossy:20180331214829p:plain

契約月なので、10分電話かけ放題とSIM発行手数料だけが請求されて、月額基本利用料は無料になっていた。契約月に一番高い10GBのプランに加入して、開通したら即座にプラン変更して本来契約したいプランに変えると、翌月への繰り越しデータ残量が増やせてお得かも。

…使うことなく棄てるデータを増やすだけかも笑。

10分電話かけ放題の通話品質は可もなく不可もなし。普通に使える。

10分電話かけ放題オプションに加入しなくても、アプリ「いつでも電話」から電話をかければ、20円/30秒が10円/30秒になる。自分から電話する時間が、ひと月あたり44分以内に収まるならば、10分電話かけ放題オプションに加入しない方が安上がり。LINEモバイルと契約している事が大前提だけど笑。

iPhoneの場合、電話を受けるのはiOS標準の電話に限られるので、何も考えずに着信履歴から電話すると通常料金になってしまう。着信履歴から電話番号をコピペするのが面倒なので、コピペしやすい電話アプリを開発したくなる。…儲かる見込みが無いので開発しないけど笑。

自分から電話する事が多い。電話の費用を下げたい。電話アプリの使い分けなんて無理。こういう人は、この手の面倒さが無いワイモバイルなどのセカンドキャリアの方がいい。ワイモバイルを敬遠する理由の1つだった、無駄に複雑な料金プランが2018年6月に整理されるので、ITリテラシーが低い人向けのMVNOに代わる受け皿になるかもしれない。

自分から電話する事が少ない。電話するときは店舗や宅配便などの電話番号への直電。普段の通話はLINEでする。SNS依存症。こういう人(=俺)にはLINEモバイルをお勧めできる。LINE、TwitterFacebookInstagramが使い放題のコミュニケーションフリープランの恩恵が非常に大きい。逆に言うと、この恩恵が無くなった時が縁の切れ目。

LINEモバイルで、プリフィックス(003545)を付けずに通話定額にできたら最高。
オプション費用が倍(880円→1760円)になっても需要はあると思う。
そこが、LINEモバイルを一般層へ間口を広げる上での課題になるでしょう。